カラミざかり 第5話 あらすじネタバレと感想 里帆が

カラミざかり第5話 ネタバレ

ファスナー素早くおろされ
ち〇ぽを智乃になめられる高成。

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

けれど貴史の視線の先には
ま〇こを執拗に舐められている里帆の姿が…

気持ちいい?と聞かれて、
あ、う…うんと応じる高成。
ベッドでは貴史が里帆に挿入しようとしている

そ、それはだめだろという高成の願いむなしく
入れられてしまった里帆。

ぬりゅっ ぬりゅっつ、ギシ ギシ
101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

視線が外せない高成、
やられている里帆の姿に興奮してしまう。

そそり立つ高成のち〇ぽ、
智乃にフェラされ果ててしまう。

カラミざかり第5話 感想

好きな女の子が
親友に犯されている様子を見て
興奮してしまう高成。
101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

このシーンは超、強烈ですね。

こんなことありうるのかなぁ
悲しくって
萎えてしまうんじゃないかと思ってしまう。

いくら智乃の色っぽい攻撃を
受けていたからといっても
気持ちは平静ではいられないはず、

やめろーとふたりを引き離してほしかったね。

貴史の愛撫に対して
里帆は拒否しなかったということも
高成の止めようという気持ちに
ブレーキをかけたのかもしれない。

貴史も智乃の時には
入れていい?と聞いていたのに
里帆の時はそれ、なかった。
意味深だよね。

最後まで受け身であった里帆だけど
これでふたりの距離は
大きくあいてしまった気がする。
101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

高成は今回のことできっと、
自己嫌悪にさいなまれることになるだろうし。
というか、そうあってほしいなぁ。

この後の展開では
勇気をもって高成が里帆に向かい合い
自分の言葉ではっきり言ってもらいたい。

里帆が好きで、
あの時、貴史の行為を止められなくて
本当にすまなかった、と。

最後はすべて終わり
ベッドで果てている貴史と里帆の姿、

そこに貴史のお母さんの帰宅で
場面は強制的に終わってしまうんだけど
この辺りのストーリー運び
とってもうまいね、あいり先生は。

続きが待ち遠しいです
早く6話、7話出してね。
101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用